『わたしは丹沢の風になりたい
  自然保護運動から芸能へ

著者  生命の環・むすびの衆「影絵夢幻語り」泉龍
A5判 130ページ、並製本カバー装
定価:本体1500円+税
ISBN 978-4-86158-062-8 C0095

本書の概要 
丹沢のブナに癒され導かれた自然保護活動家・ブナ党党首梶谷泉が、21世紀、芸能「影絵夢幻語り」を立ち上げ、芸能者「泉龍」と改名。その生命の輝き、活動の軌跡、時代の変遷を著わした。

購入方法

=目次より=

【丹沢ブナ党時代】  

青竹の如く〜ブナ党前期  丹沢ブナ党前夜〜主脈縦走から【シバ神J】  光のブナ〜七人の侍結党す【シバ神K】  ブナの巫女を導いた師父と水の先人たち  ブナ枯れ危急を告げる  梁山泊での出会い〜若き記者達と共に  山は男社会なのか? 日本人の壁  ブナ・北の守り手たち  とおせんぼの道〜水無堀山林道開設  

緑旗のもとに〜ブナ党中期  みんな違って、みんないい  変化への挑戦〜新知事誕生  ブナ党の両翼「あ・うん」  ブナ林探検隊から  自然の権利と人権と  丹沢の山小屋・山の店より  東丹沢・西丹沢  天にかかる黒雲  波紋の行方  山人の心・結集!  鎮魂・ブナ祀り  御山はスピリチュアルな世界  林道・林業・山ぐらしによせて  坂東の荒武者  七年目の蝉〜堕ちてゆく星【シバ神L】  

手負い狼の闘い〜ブナ党後期  二一世紀への扉〜杜のギャラリー メノ・ワッカ  生命の砦・丹沢  灯の消えた燈台  山使参上〜狼旗が丹沢から神奈川県庁へ  林道とクマタカ  山人、山へ還る  

水無堀山林道中止〜滝つぼに吸い込まれゆく一滴  夢のかけら〜九〇年代、草の根の花々  

【影絵夢幻語りへの旅】9・11〜3・11 角立てる鬼の哀しみ  

泥中の蓮【シバ神の舞踏の年M】  影法師、琵琶法師  「祈り」原曲アメージンググレース  解かれた封印、御山へ  

丹沢の風になりたい〜写真編   

わたしは丹沢の風になりたい〜あとがきにかえて

購入方法